活動報告

令和元年度(2019年度)

1.普及啓発事業

1.普及啓発事業

・勉強会(ワークショップ)を開催しました。(参加者数:24名)
 日 時: 令和2年2月6日(木)13:00~17:00
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
 講 師: 株式会社イミカ(元株式会社富士通研究所)
 原田 博一 氏
 テーマ: 「データサイエンス実践ワークショップ」
 共 催: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
 資 料: ワークショップ開催案内(PDF0.2MByte)

 今回の勉強会(ワークショップ)は、香川県、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)との共催で開催しました。
 データサイエンスの概要を学んだ後、ビジネス現場でよく使われるデータ分析手法(クロス集計、クラスター分析、ロジスティクス回帰分析、線形回帰分析、決定木分析、バスケット分析)の基本的スキルとGIS(地理情報システム)や衛星データの活用方法を学習していただきました。
 勉強会で学んでいただいたことが、参加された皆様にとって、何らかの形でお役に立つことがありましたら幸いです。

ワークショップの模様1 ワークショップの模様2



・「ビジネスデザイン発見&発表会2019-2020 四国大会」を開催しました。(参加者数:73名)
 日 時: 令和2年1月18日(土)12:00~17:30
 場 所: 愛媛新聞社ホール
 発表者: キャンパス部門(10チーム)
ビジネス・社会起業家部門(5チーム)

 IT・ICTで地域や世の中を進化・課題解決するビジネスプランの発表会を開催しました。応募があった15チームから地元企業や学生が持っている、ICTを利活用した新しい「商品・サービスのアイデア・ビジネスプラン」について発表が行われました。
 新規性、市場性、成長性、具体ビジネス性、社会課題解決能力、創造力、表現力について、厳正な審査を行った結果、全国大会へは、
 ・キャンパス部門
  チーム名:にんじんばなな(香川県立高松東高等学校)
  タイトル:「愛するオリーブfamilyを作るために」
 ・ビジネス部門
  チーム名:株式会社KAI
  タイトル:「サルのストレスを解消し、来園者を笑顔にする給餌装置【kuru・kuru】」
 ・社会企業家部門
  チーム名:SHOWA
  タイトル:「『IGシステム』で焼き肉を!~有害獣の行動制御と有効活用システム~」
が選出されました。全国大会では地域の課題解決や四国の特色を活かした魅力ある新たなビジネスを発信してくれることと思います。

発表会の模様1 発表会の模様2



・情報化セミナー「事例から学ぶものづくりIoT活用セミナー」を開催しました。
 (参加者数:116名)
 日 時: 令和元年12月18日(水)13:00~17:20
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)BBスクエア
 内 容: 講演会
  講師:経済産業研究所/日本生産性本部 上席研究員
      岩本 晃一 氏
  演題:「IoT、AIによる中堅・中小企業の競争力強化 」
事例①
  講師:株式会社コヤマ・システム 取締役社長 
      佐野 弘実 氏
  演題:製造現場の見える化による「チョコ停」対策
事例②
  講師:ライト電業株式会社 四国ソリューションビジネス部 リーダー
      石村 徹 氏
  演題:デジタルイノベーションでスマート工場化の事例(近県導入事例の紹介)
事例③
  講師:大豊産業株式会社 営業本部 マネージャー
      寺奥 泰次郎 氏
  演題:IoTを軸とした協働ロボットの活用
事例④
  講師:三菱電機株式会社 受配電システム製作所 生産部 生産技術課 専任
      峠 建次 氏
  演題:真空バルブ・遮断器工場のIoT活用
 資 料: 情報化セミナーの案内(PDF0.2MByte)
講演会資料(PDF 9.5MByte)

 今回の情報化セミナーは、香川県、一般財団法人四国産業・技術振興センター、四国情報通信懇談会、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)との共催で開催しました。
 講演会では、岩本晃一氏より中堅・中小製造業の企業が、試行錯誤しながらIoT、AI投資を行い、大きな成果を出した実例と、モデル企業から実際に試行錯誤しながらもIoTを導入した企業の事例や導入効果を交え、分かり易くご紹介いただきました。
 事例紹介としてコヤマ・システム様から高速カメラを用いたチョコ停対策の事例および活用方法、ライト電業様からは自社が推進している中四国の工場のスマート化の事例、大豊産業様からはロボットによる単純作業の自動化、ドローンや走行ロボットによる巡回作業の自動化等の取組み事例、三菱電機様からは工場におけるIoTを活用した品質改善、作業改善、生産性改善等についてご紹介いただきました。
 ものづくりIoTの導入の基礎知識、最新の動向や利活用を考える上でのご参考になれば幸いです。

講演会の模様1 講演会の模様2
講演会の模様3 講演会の模様4



・情報化セミナー「イノベーティブな商品開発のためのデザイン」を開催しました。(参加者数:44名)
 日 時: 令和元年11月22日(金)15:00~16:30
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)BBスクエア
 講 師: 香川大学 創造工学部 教授 井藤 隆志 氏
 演 題: 「イノベーティブな商品開発のためのデザイン」

 今回の情報化セミナーは、香川マルチメディアビジネスフォーラム、情報通信交流館との共催で開催しました。
 3DCADや3Dプリンターを活用した商品開発によって、イノベーティブなアイデアを展開してきた経験をもとに、これからのデザインとものづくりを探って来られ、片手で運転のできるシニア向けの電動カートSCOO(スクー)の開発を中心に最先端の情報ツールとネットワークを活用したものづくりの思考とプロセスについてご講演いただきました。

情報化セミナーの模様1 情報化セミナーの模様2



・情報化セミナー「基礎から学ぶ『IoT入門セミナーinかがわ』」を開催しました。(参加者数:43名)
 日 時: 令和元年10月17日(木)13:00~16:40
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)BBスクエア
 内 容: 第一部
  演題:IoTの基礎知識「IoTとは何か? ~IoTのイメージをつかもう~」
第二部
  演題:IoTの技術・関連法制度「もっと知りたいIoT ~IoTの技術を知ろう~」
第三部
  演題:IoTの活用「自社でIoTを活用するには? ~IoTの導入手順を知ろう~」
講師:NTTラーニングシステムズ株式会社 コンサルティングパートナー
    常川 朋之 氏

 今回の情報化セミナーは、四国情報通信懇談会、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)との共催で開催しました。
 第一部では、IoTの基礎知識として、センサーやカメラなどで自動的に収集したデータを、大容量のクラウドサービスで蓄積し、大量のデータをAI等で分析することにより、業務の現状や課題が把握でき、既存業務の改善や生産性の向上、コスト削減につながるとの説明をいただきました。
 第二部では、IoTシステムを構築するために、用途に応じた最適な通信技術を選択する必要があり、広範囲のエリアをカバーし、低コスト・低消費電力で通信ができるLPWA(Low Power Wide Area)がIoTに適した無線通信技術のひとつであることや、電波を適正に利用するための電波法などの関連法制度、IoTシステムのセキュリティ対策などについて説明をいただきました。
 第三部では、IoT導入に向けたビジネス課題を洗い出し、解決策を導くための導入手順等についてグループ討議を行い、自社の課題を各グループとも積極的に提示していただき、課題解決に向けた提案が活発に行われました。

 IoTの基礎知識を網羅的かつ分かりやすく理解を深め、IoTをどう活用するかを考える上でのご参考になれば幸いです。

セミナーの模様1 セミナーの模様2



・情報化セミナー「本質を知る!働き方改革セミナー」を開催しました。(参加者数:96名)
 日 時: 令和元年10月10日(木)13:00~18:15
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)BBスクエア
 内 容: 基調講演
  演題:働き方改革エバンジェリストが語る「本当の働き方改革」
  講師:富士通株式会社
     シニアエバンジェリスト 松本 国一 氏
講演1
  演題:働き方改革を形にする第一歩~ワークプレイスデザイン事例のご紹介~
  講師:リコージャパン株式会社 ICT事業本部 エッジソリューション企画センター ワークプレイス事業企画室
     ワークプレイスデザイン企画グループ マネージャー/デザインディレクター 弓削 達也 氏
講演2
  演題:サイボウズ流ワークスタイル変革~働き方改革は誰のため?~
  講師:サイボウズ株式会社 営業本部 松山営業所
     所長 三浦 秀寛 氏
講演3
  演題:RPAの本質~デジタルレイバー活用による働き方改革~
  講師:株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
     常務取締役 ソリューション事業統括本部長 上田 博之 氏
 資 料: 講演会案内(PDF 0.14MByte)
基調講演配布資料(PDF 6.3MByte)
講演1配布資料(PDF 8.2MByte)
講演2配布資料(PDF 4.2MByte)
講演3配布資料(PDF 3.2MByte)

 今回の情報化セミナーは、香川県、四国情報通信懇談会、情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)との共催で開催しました。
 基調講演では、「なぜ今働き方改革が必要なのか」を様々なデータを交えて説明いただきました。そして、働き方改革の推進方法、メソッド、実際のICTを使った働き方改革などについて、富士通株式会社が2010年から進める実践事例を交えながら紹介をいただきました。
 講演1では、近年求められている健康経営、コミュニケーションの活性化、人材確保、ES向上、ABW(Activity Based Working)など、従業員が働きやすく、また、働きたいと誇れる環境づくりについて、それらをカタチにしたHuddle Workplaceの実践事例を紹介いただきました。
 講演2では、28%の離職率が10年で約5%に改善したサイボウズ株式会社において、副業や在宅勤務などサイボウズ株式会社が実践する社内事例「100人いれば100通りの働き方」について紹介いただきました。
 講演3では、労働力不足に悩む企業の生産性を高めるツールとして、また、働き方改革を進めるための有望な技術として脚光を浴び、大きなブームとなっているRPAに関する最新動向とその本質、デジタルレイバーを活用していくためのポイントについて紹介いただきました。

 働き方改革の本質について理解を深め、制度・ツール・社内風土のバランスを考えながら働き方改革を導入する上でのご参考になれば幸いです。

講演会の模様1 講演会の模様2



・情報化体験イベント 「e-とぴあ・かがわ サマーフェスティバル 2019」を開催しました。
 日 時: 令和元年7月20日(土)~8月18日(日) (企画展を含む来場者数:19,035名)
 場 所: 情報通信交流館(e-とぴあ・かがわ)
 内 容: 【企画展(体験型展示)】
 ・あそぶ!ゲーム展 STAGE.3 デジタルゲーム ミレニアム
【ワークショップコレクション】
 ・スクラッチプログラミング『フルーツキャッチゲーム』
 ・プログラミング入門 タートルグラフィックスに挑戦!
 ・ゲームエンジンをつかってオリジナルキャラを動かそう!
 ・プログラミングコンテスト応募のススメ
 ・スマホで星空撮影&パソコンで美しく仕上げてみよう
 ・影絵をつくろう!
 ・1時間で体験!ゲームプログラミング
 ・ドット絵デザインワークショップ
 ・ロボットプログラミングを体験しよう
 資 料: サマーフェスティバル2019チラシ(PDF 1.9MByte)

 情報通信交流館との共催で「企画展」、「ワークショップ」を開催しました。
 企画展では、90年代を中心としたデジタルゲームを題材に、映像技術や情報通信技術の進化の歴史を実際にプレイできる筐体と、映像やパネルなどで分かりやすく展示し、ゲームが動く仕組みを実際に遊んで、体験することにより、幅広い世代に身近なICTへの関心を深め、親子で「ゲームリテラシー」について考えるきっかけとなりました。
 ワークショップコレクションでは、プログラム作りや工作などに子供たちが熱心に取り組み、楽しみながら、論理的思考力、創造的IT(情報技術)スキルとコミュニケーション能力を養う機会となりました。
 開催期間中は猛暑や台風などがありましたが、子どもたちは熱心に課題に取り組み、思い出に残る貴重な体験ができたと思います。

イベントの模様1 イベントの模様2
イベントの模様3 イベントの模様4



・近未来情報化講演会を開催しました。(参加者数:184名)
 日 時: 令和元年5月31日(金)15:10~16:50
 場 所: かがわ国際会議場
 講 師: 富士通株式会社 理事 首席エバンジェリスト 中山 五輪男 氏
 演 題: 「シンギュラリティ時代の到来に向けて企業が取り組むべき課題 ~AI、IoT、RPAの最新事情~」
 資 料: 講演会案内(PDF 0.2MByte)

 今回の近未来情報化講演会は、四国情報通信懇談会との共催で開催しました。
 講演会では、スマートデバイス、クラウド、ロボット、AI、IoTを得意分野として、ビジネスユーザーへの訴求活動を実践しておられる富士通理事首席エバンジェリストの中山氏をお迎えし、医療や物流、建設などの現場ですでに活用されているAIやIoT、VR(仮想現実)の導入実例を分かりやすく解説され、ドローン宅配やAI家電、遠隔医療、スマート農業、自動車自動走行など、日本の経済発展と社会課題解決の糸口として期待される先端技術の可能性を動画を交えながらご紹介いただきました。
 AIの進化が生活・ビジネス与える影響について、今後のご参考になれば幸いです。

講演会の模様1 講演会の模様2



2.情報交流・情報提供事業

・視察研修会を実施しました。(参加者数:11名)
 日 時: 令和元年10月31日(木)~11月1日(金)
 場 所: 京都府相楽郡精華町、京都市
・ATR研究所(株式会社国際電気通信基礎技術研究所)
・株式会社ユーシン精機
・京都リサーチパーク株式会社
・株式会社テクサー
・株式会社ハイシンク創研

 今回は、一泊二日で京都府を訪問し、先端技術研究所、IT・ものづくり企業、ベンチャー企業支援施設視察情報通信関連分野における先駆的・独創的研究機関やITを活用して工場に取り入れている事業者、ベンチャー企業の創出に取組む拠点とその入居企業を視察して参りました。
 実務に携わっている担当者の方から生の声を伺うことができ、参加者から活発な質問が行われ、大変有意義な視察研修となりました。
ATR研究所 ユーシン精機
リサーチパーク ハイシンク



・情報交流会を開催しました。(参加者数:82名)
 日 時: 令和元年5月31日(金)17:30~19:00
 場 所: JRホテルクレメント高松3階「飛天(東)」

 今回の情報交流会は、産業界から34社63名、学界から4名、自治体等から13名のほか、来賓として西原香川県副知事、近未来情報化講演会の講師を務めていただきました富士通株式会社 理事 首席エバンジェリスト 中山氏にもご参加いただき、活発な意見交換を行うなど会員間の交流を図ることができました。



3.企画調整活動

・令和元年度総会を開催しました。(参加者数:91名)
 日 時: 令和元年5月31日(金)14:30~15:00
 場 所: かがわ国際会議場
 
 議 事
  1. 第1号議案 平成30年度事業報告(PDF 0.2MByte)について
    原案どおり承認されました。

  2. 第2号議案 平成30年度収支決算報告・監査報告(PDF 0.2MByte)について
    原案どおり承認されました。

  3. 第3号議案 令和元年度事業計画(案)(PDF 0.2MByte)について
    原案どおり承認されました。

  4. 第4号議案 令和元年度収支予算(案)(PDF 0.05MByte)について
    原案どおり承認されました。

総会の模様1 総会の模様2